地酒サンマートについてお買い物についてサイトマップ買い物かご
日本酒焼酎・泡盛新潟の地ワインその他、新潟の特産品

天明 Kitakatayamada 東京精米88

 天明 Kitakatayamada 東京精米88

” なぜ米を削るのか?米、本来の味とは?日本酒が誇るべき旨味とは? ”

日本酒に流れる季節感を様々な方法で表現し、透明感あふれる清き酒を目指した特約店限定銘柄「天明」の限定品、ある東京のお米屋さんとの出会いにより、凝り固まった常識からの脱却、新しい可能性とチャレンジが生まれ、三年間の研鑽を経て、ようやく好適米を使用した形へと辿り着いた「東京精米88」です。

その東京のお米屋さんは、特注の精米機を持ち、お米の圃場には必ず足を運ばれ、様々な事を分析し、適切な指導をし、生産者、農業関係者、飲食店から一目置かれるお米会の中心にいるような方です。

その方から、心白を求めて削る、米の表面の不必要な物質を取り除くために削るなど、これまで当たり前のようにやってきた事に対する「酒米はなぜ削るのか?」「削る必要は本当にあるのか?」という根源的な提起をいただき、色んなことを考えるきっかけ、チャレンジをするきっかけとなりました。

そして、同じ米から出た味の違う二種類の糠をなめさせてもらい、ほんの数%の削る層の差で、雑味の感じ方が全く違うという衝撃的な体験をしました。

食米からはじめて、この試みも今期で五期目。新たにお米屋さんと共通の農家さんに、喜多方の地で山田錦を植えていただき、その山田錦を東京で精米しました。精米技術で雑味を消し、低温発酵で磨かなくても透明感のある酒質を目指しています。ドライな酒質と米の味わい、飲めば飲むほどハマりこみます。

なぜ酒造りは米を削るのか?米、本来の味とは?日本酒が誇るべき旨味とは?特別な精米技術との出会いから、敢えて米を削らない酒造りを選択し、天明が目指す丁寧で清潔な造りによって生まれる透明感とともに、その答えを探求した日本酒です。是非お食事とともに楽しんでいただけると、より良さが引き立ちます。

■原料米:福島県喜多方産「山田錦」
■精米歩合:88%
■日本酒度:+3.0
■酸度:1.2
■アミノ酸:‐
■使用酵母:F701×協会10号
■アルコール度:13%

■発売:5月(年一度)
■保存:要冷蔵
■配送:クール便
■化粧箱:無し

NO.1-7-86  1800ml 税込 3,300円  
NO.1-7-87   720ml 税込 1,650円  


※ 買い物かご以外でも、オーダーシートからもご注文いただけます。
※ ご利用の場合は、左の「オーダーシート」ボタンをクリックして下さい。
先頭へ戻る

ご利用規約 | 個人情報の取り扱いについて | 法規表示 | お問い合わせ  
〒940-2114 新潟県長岡市北山4-37-3 / フリーダイヤル:0120-27-1488 / TEL:0258-28-1488 / FAX:0258-29-4068 / sunmart@echigo.ne.jp
  Copyright 1998〜 サンマート All Rights Reserved.  ★未成年者の酒類購入は固くお断りいたします。