地酒サンマートについてお買い物についてサイトマップ買い物かご
日本酒焼酎・泡盛ワインその他、新潟の特産品

朝日山
開 運
鶴 齢
潟舟(かたふね)
菊 姫
清 泉
麒麟山
義 侠
くどき上手
越乃景虎
越乃雪月花
越乃白雪
〆張鶴
想天坊/福 扇
大洋盛/北 翔
立 山
手取川
天寶一
天 明
ドメーヌ ソガ
南部美人
根知男山
八海山
豊 盃
満寿泉
萬寿鏡
美の川/越の雄町
村 祐
遊 穂
吉乃川
その他 取扱商品
1867年、舟問屋を営んでいた曽我家は、地元に愛された当時の代表銘柄「泉瀧(いずみたき)」を造る小さな清酒蔵を創業します。しかし昭和17年、第二次世界大戦が激しくなるにつれこ米不足が深刻となり、75年続いた「小布施蔵」は国策によって廃業を余儀なくされます。そして、家業を失った曽我市之丞氏は、やむなくワイン造りをはじめます。これが、小布施ワイナリーの始まりです。

戦後の苦しい中でのワイン造りは大変辛かったそうですが、戦中・戦後に曽我家の家計を支えたのが「農業とワイン造り」でした。しかし、市之丞氏は自分の代で家業である「清酒造り」を廃業させたことに責任を感じ、戦後「自分の眼の黒いうちに必ず清酒作りを復活させる」が彼の口癖となったのです。

それ以降、市之丞氏は国税局を始めとするお役所の壮絶なお百度参りが始まります。役所参りにはお役人さんに顔を覚えてもらえるようモーニング姿だったそうです。時が経ち、「またモーニングのおっちゃんがきてるよ」とお役人に言われるようになった昭和37年、当時として異例の清酒製造免許の復活が果たされたのです。

しかし、清酒免許が復活したといっても既に浮かれている時代ではありませんでした。20年のブランクがあり、すでにお得意様はなくなっていたのでした。そこで清酒造りを支えてくれたのが「ワイン造り」でした。

曽我氏は、「美味しいワインを造るんだから日本酒造りを辞めたらどうか」とよく言われるそうですが、時代に翻弄されてきた複雑な蔵の歴史、繋げることの難しさ、小布施ワイナリーのアイデンティティーといえる市之丞氏の情熱で復権した日本酒造りを休業することはありえないと言います。

自ら「趣味の酒造り」と公言するほどの少量限定生産にて採算を意識せず、全商品に長野県産「美山錦」のみを用いて、日本酒造りは農業という考えの下、酒のテロワールというブルゴーニュワイン的思想をストイックに追求した日本酒は、もはや趣味の酒造りの範疇を超え、珠玉の酒へと昇華されつつあります。

たとえ製造量が少なくとも、利益が出なくとも、市之丞氏の高い志を継いだ同志は、子々孫々ワインと日本酒を造り続けています。日本酒ファンの皆様、まだ飲んだことのない皆様、是非一度ご賞味下さい。


※ 買い物かご以外でも、オーダーシートからもご注文いただけます。
※ ご利用の場合は、左の「オーダーシート」ボタンをクリックして下さい。
先頭へ戻る

ご利用規約 | 個人情報の取り扱いについて | 法規表示 | お問い合わせ  
〒940-2114 新潟県長岡市北山4-37-3 / フリーダイヤル:0120-27-1488 / TEL:0258-28-1488 / FAX:0258-29-4068 / sunmart@echigo.ne.jp
  Copyright 1998〜 サンマート All Rights Reserved.  ★未成年者の酒類購入は固くお断りいたします。